仕組債・金融取引・証券取引の紛争解決

金融証券取引.com

03-3556-7441
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 金融工学の知識
  • 金融の専門家
  • 選ばれる理由
  • 依頼者の声
  • メディア掲載
  • 費用
  • 事務所紹介
  • 証券取引
  • 仕組債
  • 為替デリバティブ
  • 高齢者向け金融商品
  • 商品先物取引
  • ネット取引
  • 投資詐欺
  • 外国証券
  • 投資信託
  • 金融犯罪

金融商品に詳しい弁護士として本杉のコメントが週刊現代に掲載されました。

週刊現代に金融商品に詳しい弁護士として本杉のコメントが掲載されました。

 

本杉のコメント抜粋

本杉LO 記事.JPG

 
本来、銀行は預金を集め、それを融資して、金利を得ることで稼いできた。だが、現在の銀行はそんなビジネスモデルとは程遠いと、金融商品に詳しい弁護士の本杉明義氏は話す。
 
「銀行が販売する金融商品でトラブルが後を絶たない最大の原因は、銀行が手数料ビジネスに大きく舵を切ったことが挙げられます。メガバンクなどは手数料が稼げるという理由から、かつては考えられなかったようなリスクの高い商品を販売するようになっています。
 
しかし、金融知識の豊富な人や判断力の高い人は、銀行に勧められても簡単にはリスクの高い商品を購入しないので、銀行は高齢者や金融知識の乏しい人にリスクの高い商品を推奨する傾向があります。たとえば、相続で思わぬ大金を手にした遺族や、夫を亡くしたりして一人暮しをしている高齢の女性などは被害に遭いやすいですね」
 

掲載記事

 
下記記事をクリックすると拡大します。

shukangendai.PNG

 

ImgTop10.jpg

Copyright© 2013 本杉法律事務所 All rights reserved.